奄美大島ー大島高校同窓会ー

丸田実行委員長のご挨拶

  • HOME »
  • 丸田実行委員長のご挨拶

鹿児島県立大島高等学校創立120周年
実行委員会 委員長 丸田卯禮男

奄美の爽やかな明るい季節、純白で優雅な白百合が咲き香る佳き日に、鹿児島県立大島高等学校創立120周年を迎え、県ご当局をはじめ、歴代校長先生、本島内のご来賓をお迎えし、厳かに記念式典が挙行出来ますことを、衷心より厚くお礼申し上げます。
この度は、新型コロナウイルス禍の影響により、参加者を主に、島内の方々とし、生徒は3年生が代表となり、1・2年生は、教室にてリモート参加となりました。式典の様子は、ユーチューブでライブ配信となりました。
私達の母校大島高校は、明治34年に大島農学校として開設され、明治、大正、昭和、平成、令和と5代に渡り、力強く発展をしてまいりました。
大正5年、大島中学校、昭和24年、県立大島高等学校第1部として発足され、幾多の変遷を経て、地域の最高学府として、学問に集中し、文化、スポーツの発展と人材育成に大きく貢献をしながら、今年、創立120周年を迎えることになりました。
正に、多くの先人達の努力の賜物が、素晴らしい歴史と伝統を築いて来ました。
このことは、第8代校長龍野定一先生による「厳訓無処罰の教育」から育まれたものです。師弟学友は、信じ合い、敬い合い、協調し合って、真の教育がなされ、生徒の個性や才能が発揮されました。そして、質実剛健な第12代校長奥田愛正先生に、文武両道の精神が引き継がれ、学力とスポーツの向上が図られました。更に、奥田先生は、初代安陵会会長として、会員名簿の作成、母校の発展と深い絆の確立、安陵奨学基金や教育振興基金を創設。現在も、母校の充実発展に寄与しています。今から、20年前、第27代校長藤山萬太先生が、第3代安陵会会長となり、創立100周年記念事業を盛大に実施されて、早20年が過ぎました。
その間、平成26年3月、第37代校長屋村優一郎先生在任中に、青少年の夢と憧れの甲子園へ21世紀枠で初出場、堂々たる全力プレーは、感動的でありました。
また、全国一円から奄美同胞が甲子園に集結、大高応援団の後押しとなり、一糸乱れぬ応援は、最優秀賞に輝き、奄美同胞の快挙でありました。
今後も、学校、PTA、安陵会が一丸となり、その歴史と伝統を守り、地域から愛され、見守って頂けるよう努力して参ります。
生徒の皆さんは、素晴らしい校訓をしっかり身につけ、安陵精神を誇りに、頑張って下さい。安陵会員は、先輩を敬い、若い会員との絆を深めて参ります。
この度は、新型コロナウイルス禍や7月豪雨災害で大変な折、ご支援、ご協力を頂き誠にありがとうございました。
特に、5期生榮 季一さん、6期生畠 義利さん、11期生久保末一さん、18期生原田千賀子さん、30期生茆原千加子さん、31期生大島郁子さん方には、多額のご支援を賜り、心から厚くお礼を申し上げます。
終りに、本日ご臨席を賜りました皆様と、ご協力、ご支援を頂きました多くの方々に、心から感謝を申し上げると共に、益々のご健勝と母校の発展をお祈り致しまして、挨拶とします。

PAGETOP
Copyright © 安陵会 All Rights Reserved.