奄美大島ー大島高校同窓会ー

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

大高創立120周年を間近に控えて

 奄美も梅雨明けとなり、暑い日が続いておりますが、皆様におかれましては、益々ご健勝でお過ごしのことと拝察いたします。
いよいよ2年後には大高創立120周年記念の年となり、令和元年から記念事業の一環として、安陵会員名簿政策に取り掛かっております。各回期の幹事さんや各地区安陵会役員の方々から力強いご協力頂き、素晴らしい安陵会員名簿が完成しつつあります。
この名簿で益々深い絆を構築し、母校や安陵会の発展に寄与して行ければと思っております。
6月1日(土曜日)関東安陵会、6月8日(土曜日)徳之島案陵会、6月29日(土曜日)北部九州安陵会、笠利支部安陵会と参加してまいりましたが、どこの安陵会でも母校に対する深い思いと、安陵会の絆の深さを感じ、大変有意義な総会並びに懇親会でありました。
 来年には、創立120周年記念事業実行委員会の組織を創立し、活動をはじめてまいります。どうぞ、会員各位のご協力をよろしくお願いいたします。

本部安陵会会長 丸田卯禮男(10期生)

maruta-t

奄美は、猛暑到来となりましたが、皆様におかれましては、益々健康でご活躍のことと拝察致します。
まず初めに、九州北部の豪雨災害において犠牲になられた方々や、甚大な被害に遭われた方々へ心から哀悼の意を表すると共に、お見舞を申し上げます。
7月22日(土)、平成29年度本部安陵会総会・懇親会が実施されました。
今年は、群島内8地区の会長をはじめ、関東・関西・鹿児島・沖縄安陵会会長を含め433名が集い盛大に行なわれました。
当番幹事は、24期生・34期生・44期生・54期生の諸君で一所懸命取り組んで頂きました。
毎年、大高の文化祭や体育祭には、多くの会員が訪れ声援を送っておりました。
また、学校では「大高未来塾」や「キャリア教育講演」に毎年卒業生を講師として招き、後輩や先生方から大変好評で、貴重な経験になると感謝されております。
3月の卒業式には、卒業50周年に当たる第18期生が130名も参加し、教育振興基金や本部安陵会の支援として、同窓会と個人(森永敏行医師)から多額のご寄附を頂き感謝しております。 来年3月の卒業式は、第19期生の方々が対象となりますので本部安陵会から代表幹事へ連絡致します。
また、毎年各期の同窓生は、全国同窓会や賀寿の祝がなされており、絆を直一層深めております。
今後も、本部安陵会の充実を計り、努力して参りますので皆様方の温かいご支援とお力添えをよろしくお願い致しまして挨拶とします。

写真:毎年、語学研修費をご寄附頂いている、久保末一様(11回卒)と共に

PAGETOP
Copyright © 安陵会 All Rights Reserved.